京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笹屋伊織 どら焼  弘法さんの日限定販売!

毎月21日は、東寺の弘法さん。
弘法さんの日と、その前後の日、20日、21日、22日のみ販売される門前名物・どら焼。


あんに包まれた秘伝の皮がモチモチっとした食感で、大好きです!
この「秘伝の皮」・・・ちょっとクレープに似てるって、思うのは私だけ?


dorayaki_1.jpg


このどら焼きは、こんなエピソードから生まれたそうです。

  江戸時代末期、5代目当主笹屋伊兵衛が京都の東寺のお坊さんより、副食となる
  菓子を作って欲しいとの依頼を受けました。そこでお寺でもお作り出来るよう
  にと鉄板の変わりに銅鑼(どら )を使うことを考えついたのが「どら焼 」の
  始まりです。

笹屋伊織さんのホームページ「代表名菓 どら焼 」より。

dorayaki_2.jpg


どら焼は、弘法さん当日には、門前で販売所らしきものが出てそちらで購入できます。
前後3日間は、京都の各デパートで購入できます。

そして、インターネットでは予約販売制で購入できます。


昔ながらの素朴なお菓子ですが、とても馴染み易いお味のどら焼。
ぜひ、一度お試しあれ。

dorayaki_3.jpg


私の大好きな【 らくたび文庫 】
No.011 『 京都・社寺門前名物めぐり 』12ページに、掲載されています!




京菓匠 笹屋伊織

〒600-8831
京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
TEL/075-371-3333 FAX/075-343-9151



スポンサーサイト
  1. 2008/06/21(土) 01:07:51|
  2. 京都・甘党( 和&洋 )
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ア・プ・プレ(à peu près ) フランス料理 | ホーム | 今週の見所 藤森神社 満開の紫陽花苑 2008年 6月 20日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/77-0a9b8bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。