京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛宕神社門前名物 「 平野屋 」 志んこ

400年の歴史がある老舗・平野屋さん。
この茶店風の店頭写真は、数々の京都の写真で紹介されてますよね。

hiranoya_090923_3.jpg

こちらの平野屋さんは、愛宕神社「一の鳥居」の茶屋として親しまれています。 

hiranoya_090923_8.jpg

愛宕神社は京都の火伏せの神として、今でも崇拝されています。

三歳までの子供が詣ると、その子は一生火難を逃れるという言い伝えから、お父さんやお母さんが抱っこして愛宕山を登られます。
また、月参りや、7月31日の千日詣りで火の要慎を祈ります。


愛宕名物 「 志んこ 」 は、参詣者が鳥居をくぐり、これから愛宕山頂の神社に向かうために一息入れて食したことから400年続く門前名物です。

hiranoya_090923_2.jpg

お米の粉をこねた素朴な味わい。
ニッキ・お茶・白の三色のしんこに、黒砂糖を混ぜたきな粉がかかっています。
くにゅっとひねった形は、愛宕山の山坂道をイメージしたものだそうです。

hiranoya_090923_1.jpg

「 志んこ 」 って、大好きなんですよね。
よく買って食べるのは、南座横の祇園饅頭さんの志んこ。
それと比べると形が全然違うんですよね~。祇園饅頭のしんこは → こちらから。

私の大好きな【 らくたび文庫 】
No.011 『 京都・社寺門前名物めぐり 』に、掲載されています!



ほっとする、さくら湯もいただけます
志んこ・おうす・さくら湯がセットで、840円。

hiranoya_090923_7.jpg

平野屋さんは季節料理もいただける本格的な京料理のお店でもあります。

hiranoya_090923_5.jpg

店内は昔ながらの民芸調で、各個室が用意されており、市内の喧噪を離れ、自然を楽しみながらゆっくりとした時間を過ごせる隠れ処的なお店でもあります。

hiranoya_090923_6.jpg

hiranoya_090923_4.jpg


平野屋

〒616-8437
京都市右京区鳥居本仙翁町16
TEL 075-861-0359

スポンサーサイト
  1. 2009/09/23(水) 16:31:32|
  2. 京都・甘党( 和&洋 )
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋海棠 ( しゅうかいどう ) 今が見頃かな 2009年 9日24日 | ホーム | 平岡八幡宮 「花の天井 」 秋の特別拝観 11月30日(月)まで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/491-693117be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。