京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伏見・石峰寺 ( せきほうじ )  「 若冲忌 」 9月10日

9月10日は伊藤若冲の命日で、
若冲が晩年を過ごした石峰寺では、「 若冲忌 」 が行われます。

sekihouji_090909_1.jpg

今や若冲は大スターになり、2007年に催された相国寺承天閣美術館での「 若冲展 」は数時間待ちになるほどの人気だったそうです。

でも、さすがに命日にお参りに来られる方はそうも多くないので、訪れた方は静かにお参りされてました。
青物問屋の跡継ぎさんだったからか、お墓の前にはたくさんのお野菜や果物が手向けられてました。

sekihouji_090909_2.jpg

そしてこの日のみ、お寺所蔵の若冲の作品を展示されており、誰でも自由に拝見できます。

sekihouji_090909_3.jpg

こちらは昨年拝見した作品です。
公開される作品は、毎年異なるそうです。

修復されて今回初公開であった、躍動的な虎です。

sekihouji_090909_5.jpg

目力が迫力満点!

sekihouji_090909_6.jpg

こんなに尖った爪を見ると、生き生きとしているのが伝わります。

sekihouji_090909_7.jpg

こちらは若冲の得意な鶏。
若冲は自分らしさのある作品を描くために、十数羽の鶏を飼い、その生態を毎日毎日観察して自然と鶏が描けるようになって、初めてオリジナル性豊かな作品を生み出すことができたそうです。

sekihouji_090909_8.jpg

胸のふかふかした毛並み、そして生々しい羽根。
今にも動き出しそうです!

sekihouji_090909_9.jpg

そして、この優しそうなお顔。
どれも今流行っている色彩豊かな若冲の作品とは異なり墨絵風ですが、それがかえって新鮮で、晩年の穏やかな暮らしが想像できました。

sekihouji_090909_10.jpg

芸艸堂( うんそうどう )さんより寄贈の若冲作品の版画です。
絵葉書などモチーフにもなっていますね。

sekihouji_090909_11.jpg

帰りに嬉しいおみやげをいただきましたよ

sekihouji_090909_12.jpg

このあと、若冲が数年かけて造り上げたという「 五百羅漢 」の庭へ向かいました。


石峰寺
京都市伏見区深草石峰寺町26
TEL 075-641-0792

スポンサーサイト
  1. 2009/09/10(木) 09:07:05|
  2. 京都 伏見・南区方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<年末の風物詩 「今年の漢字」 今年も清水寺が発表会場です! | ホーム | 京都鶴屋 「 鶴壽庵 」  生菓子 ~草の露 と 「 大極殿本舗 」 若鮎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/483-a3a90536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。