京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京の六地蔵めぐり 周山街道 「 常磐地蔵 」 と 「 常磐御前のお墓 」

正式には、臨済宗天龍寺派 常盤山 源光寺

歴史は古く、嵯峨天皇の皇子によって開かれ、後に後白河天皇が中興開山となり現在に至る。

そして今は宗派を超え地蔵信仰の 「 自由の総本山根本霊場 」 と山門に大きく看板が掲げられていました。

genkouji_090829_7.jpg

優しく穏やかなお顔のお地蔵さんでした。

genkouji_090829_2.jpg

genkouji_090829_3.jpg

こちらの「お幡」は、こちらの白色で他のお寺とは少し異なるタイプのお札。

genkouji_090829_1.jpgrokujizouohata.jpg

閻魔さんの裁判風景が描かれて額がお堂の上に飾ってありました。

genkouji_090829_5.jpg


ここ源光寺は常磐御前の誕生地でもあり、晩年はこちらで庵を結んでいたということから、この地にお墓があるのでしょう。
この中央の「おにぎり」のような形をしているのが、常磐御前のお墓です。

genkouji_090829_6.jpg

常磐御前は、絶世の美女でした。
九条院が召使を選ぶのに今で言うオーディションが行われたそうです。
1000人の美女を集めて、100人→10人と絞り込み、最後の一人に選ばれてのが、この常磐御前でした。

この噂が世間に広がり、源氏の棟梁であった源義朝が知り、その側室になった常磐御前は今若、乙若、牛若を生みました。そう、源頼朝、そして義経です。

義朝が平治の乱で敗れて殺されると、常磐御前は子供共々生き残るために敵方である平清盛に助命を願います。
その美貌と熱意を気に入った清盛は自分の側室として迎え入れます。
ここで生き残った源頼朝、義経によって、後に平家滅亡と向かうのです。

子供を連れて生きるためには敵方にも願い入れる、その母の強さは今も昔も同じですね。

常磐御前の最後は奥州へ落ち延びた義経を追って途中で亡くなったと伝えらています。
悲しい最後ですね。


境内は草木が茂る自然そのもの?

genkouji_090829_4.jpg


ここ源光寺は、京福電車・北野線 常盤駅から徒歩5分ほど、アクセスは便利ですね。
車はちょっと難しい?
貸切タクシーも常磐駅の近くで待機されてました。
お寺の前は駐停車もできないほど、道路は細くて、車の往来も激しいかったです。


源光寺 ( げんこうじ )
京都市右京区常盤馬塚町
TEL 075-872-8157

スポンサーサイト
  1. 2009/09/07(月) 20:31:24|
  2. 京都 太秦・花園方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京都鶴屋 「 鶴壽庵 」  生菓子 ~草の露 と 「 大極殿本舗 」 若鮎 | ホーム | イタリアン トゥーテ エピス (Toute-episu ) 高辻通西洞院通下がる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/481-1b835d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。