京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清水寺・子安塔 の改修作業が始まっています。 2009年 2月 27日

清水寺で重要文化財・子安塔(こやすのとう)の解体修理のため、作業が始まっています。
江戸時代初期に再建された当初の鮮やかな彩色を復元し、2012年度の完成予定。

koyasunotou_0227_2.jpg

子安塔は高さ13・4mの三重塔。
寛永年間に焼失し、数年後に仁王門のそばに再建されたものの、明治末期に本堂南側の今の場所である尾根に移された。

3月末までに高さ15mの素屋根で塔全体を覆う。
2009年度内に解体し、2010年度から3年間かけて組み立てや塗装、檜皮(ひわだ)のふき替え作業を行う。

再建当初の外観は、赤っぽい「丹(に)色」を中心とした極彩色だったと考えられ、往時の色を復元する。

                 【 以上、京都新聞 2009年2月19日掲載記事より 】


この写真は、改修作業が始まる以前の子安塔です。
この歴史を感じさせる渋い塔も素敵ですが、往時の色彩に修復することが後世に残すために必要な改修作業なんですね。

koyasunotou_0227_1.jpg

この子安塔がまだ仁王門のそばにあった頃に、安産や子供の成長を祈願する参拝者が絶えなかった。その頃にお寺への参道を、安産を意味する「産寧坂」とも呼ばれるようになったそうです。


音羽山 清水寺


スポンサーサイト
  1. 2009/02/27(金) 01:26:59|
  2. 京都 News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北野天満宮 梅花祭 2009年2月25日 | ホーム | 北野天満宮の梅花祭り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/302-7a1ce855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。