京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 「京の冬の旅」文化財特別公開 妙光寺 その1   2009年 2月 14日

臨済宗建仁寺派のお寺で、弘安八年(1285)を法燈国師を開山とし、室町時代には京都五山十刹の「十刹八位」に列せられた格式の高いお寺です。

myokouji_0223_4.jpg

当時は広大な敷地に、立派な伽藍が並んでいたようですが、今では方丈と庫裏が残るのみとなっています。

myokouji_0223_5.jpg

方丈には三種の神器を一時奉安したという「神器(じんぎ)の間」があります。

myokouji_0223_6.jpg

明治以降は住職がいない無住の時期が続いていて、かなり荒廃しておりましたが、現在は大復興がなされている状態です。このお庭も当時をイメージして、「二石の庭」を復元作庭されたそうです。

myokouji_0223_7.jpg

白砂の枯山水庭園は、ゆるやかな時間が流れる優しいお庭だとか・・・。

myokouji_0223_8.jpg
myokouji_0223_9.jpg

こちらは、中庭です。

myokouji_0223_10.jpg

開山・法燈国師は、宋に渡り禅を学び、日本の禅宗に多くの影響を与えただけでなく、宋から味噌醤油の技法を日本に伝えた日本の食文化にとっては欠かせぬ方です。

また尺八を吹きながら旅をする虚無僧(こむそう)で有名な普化宗の祖でもあります。この日も、東福寺・塔頭 明暗寺の虚無僧の方々が尺八を吹いておられました。

そしてこの妙光寺は、国宝「風神雷神図屏風」の”ふるさと ”

myokouji_0223_1.jpg

応仁の乱以降荒廃したこの妙光寺も、寛永十六年(1639)、中興開山となった三江紹益(さんこうしょうえき)和尚が、敦賀の豪商・打陀公軌(うだきんのり)の援助で再興しました。

この時、打陀公軌が再建祝いに俵屋宗達に依頼したのが、この国宝「風神雷神図屏風」です。
その後「風神雷神図屏風」は妙光寺にありましたが、1829年に当時の住職が建仁寺に移った際、本山の建仁寺へ上納されました。

そして今回公開されている「風神雷神図屏風」は、織物で織られたレプリカです。
昭和30年代後半に東京で織られたものですが、近くで見ないと織物とはわからないほど、巧妙な作品です。

myokouji_0223_3.jpg

自然光で柔らかく照らされた屏風は、現在本山建仁寺にで展示されているデジタルのレプリカより、余程素晴らしいと思います。


正覚山 妙光寺 
京都市右京区宇多野上の谷町
TEL 075-463-0780
市バス「福王子神社」下車 徒歩約10分

 「京の冬の旅」文化財特別公開 平成21年1月10日(土)~3月18日(水)
詳細は、こちらからご覧ください。



スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 01:55:02|
  2. 京都 太秦・花園方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<grange+(グランジプラス)  四条堺町 大丸の近くです。 | ホーム | 2月23日に行われる 醍醐寺 「五大力さん」 春を告げ一年の幸せを祈る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/297-bf292a24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。