京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 「京の冬の旅」文化財特別公開 東寺 塔頭・観智院 2009年 2月 7日

別格本山の格式を持つ東寺の塔頭寺院である「観智院」
東寺一算の勧学院で、所蔵する膨大な密教の経典・書籍の量と質は我が国最高だそうです。

客殿は【 国宝 】 豊臣秀吉夫人、北政所が寄進したものです。

kantiin_0207_1.jpg

今日最も楽しみにしていたのは、この国宝の客殿にある宮本武蔵筆と伝わる床の間の「鷲の図 」と襖絵の「竹林図 」です!

「鷲の図 」はかなり痛みが激しかったですが、しっかり確認できる部分だけを見ていても、剣豪・武蔵らしい鋭い筆遣いが、生き生きとした鷹の姿を想像することができました。

襖絵は、力強い竹の節が印象的な静かなる竹林図でした。

kantiin_0207_2.jpg

そして客殿の庭は「五大の庭 」と呼ばれていて昭和の作庭。
弘法大師が唐から帰国する際に、竜神・亀・鯱に守られて無事帰国できた故事を石組みで表現している枯山水庭園です。  ※お庭の写真撮影は可能でした。

kantiin_0207_3.jpg
kantiin_0207_4.jpg

そして本尊である「五大虚空蔵菩薩 」 ※画像は看板を撮影しました。
馬・獅子・象・孔雀などの背に乗っておられる日本では他に見られない珍しい菩薩像です。

kantiin_0207_5.jpg

中庭です。
この奥に、茶室・ 楓泉観( ふうせんかん )があります。

kantiin_0207_6.jpg
kantiin_0207_7.jpg

この観智院さんは、年に数度公開( 春と秋 )されるそうです。
茶室・ 楓泉観から見えるお庭は、秋の季節が綺麗だと思います。

kantiin_0207_8.jpg


また、ご本尊が虚空蔵菩薩なので、十三参りのお祓いもしていただけます。

世界遺産 教王護国寺 (東寺)

 「京の冬の旅」文化財特別公開 平成21年1月10日(土)~3月18日(水)
詳細は、こちらからご覧ください。


スポンサーサイト
  1. 2009/02/08(日) 03:19:10|
  2. 京都 京都駅を中心にした周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<祇をん 萬屋  名物・ねぎうどん 四条花見小路下る | ホーム | 伏見稲荷大社 奥の院>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/287-dc5989d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。