京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一平茶屋 かぶら蒸し ~ 京都の冬やわぁ 南座下ル

冬になったら食べたくなる 「かぶら蒸し」
京都に住む人にとって、聖護院蕪で作る 「かぶら蒸し」は冬の風物詩ではないでしょうか。

ippei_0205_1.jpg

大正時代から続くここ一平茶屋の名物料理 「かぶら蒸し」が最高に美味しいです!

ippei_0205_2.jpg

フタを開けると聖護院蕪のちょっと青くさい香りと、餡の風味が相まって、かぶら蒸し独特の香りです。つやつやの餡かけがたまりません~♪ 
今日のお料理は、かぶら蒸し定食 3,700円


まずは、早春の先付け・ ホタルイカ酢みそ掛け蕨添え

ippei_0205_3.jpg

八寸・ いなり寿司 鱈子旨煮 煮豆など・・・添えられた枝梅が嬉しい

ippei_0205_4.jpg

季節のお造り

ippei_0205_5.jpg

「かぶら蒸し」は器も " かぶら " です。
かぶら蒸しの中には、甘鯛・穴子・百合根・かしわ( 鶏肉 )・椎茸。

ippei_0205_6.jpgippei_0205_7.jpg

蕪はつなぎに道明寺粉を使ってあるということなので、もっちりとしています。
餡もしっかりしていて、蕪がもっちりしているので、最後まで汁っぽくならないのが老舗の味なんでしょうね。

最後は青菜めしと、お漬け物・・・あっさりとしてお腹にすーっと入ります。

ippei_0205_8.jpg

南座の西側を通る川端通り沿いにあるお店。
以前はこの並びにはこのようなお店がたくさん並んでいたんでしょうね。
その昔の様子を垣間見ることができるようなお店構えです。

ippei_0205_9.jpg


一平茶屋

京都市東山区川端四条南
TEL 075-561-4052
営業時間 12時~21時
定休日 木曜日


スポンサーサイト
  1. 2009/02/05(木) 15:16:08|
  2. 京都 祇園界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伏見稲荷大社 奥の院 | ホーム | 今と昔が混在した町 ・ 京都  町歩きの目的が・・・。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/285-1b393dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。