京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

半兵衛麸 ( はんべえふ ) 創業元禄年間 「京麩・京ゆば 」 五条大橋東 南側

「麩」や「ゆば」と言えば京都らしい食材と、お好きな方も多いですよね。
私もその一人です
ここ半兵衛麩さんは、その「京麩と京ゆば」尽くしでお食事がいただけます。

「むし養い」料理 3,150円 ( 松の内に伺ったので寿の盃はお神酒です。)

hanbei_0115_6.jpg

ゆば豆腐 つるんとしたゆば風味たっぷりのお豆腐です。

hanbei_0115_7.jpg

田楽生麩・餅米のような粘りのある白飯・梅の形も可愛らしい生麩
奥の竹を模した生麩には、回りに山椒がまぶしてあり、ピリッとして美味しかったです。
斬新なアイデアやなぁ、と友人J子とプチ感動~。

hanbei_0115_8.jpg

汲み上げゆば
汲み上げ豆腐はよくありますが、ゆばとは・・・半兵衛麩さんならではかな。

hanbei_0115_10.jpghanbei_0115_9.jpg

ゆばの素揚げ お味がしっかりしておりポリポリと一気にいただきました!

hanbei_0115_11.jpg

揚げ出し生麩
こちらも揚げ出し豆腐ではなく、生麩。これはなかなかのボリュームで、お出しも美味しく満足の一品でした。 梅も麩をカリッと揚げたものです。

hanbei_0115_12.jpg

そして、この日は松の内だったので、お椀は白味噌。中にはお餅ではなく、よもぎ生麩でした。

hanbei_0115_13.jpg

とにかく生麩とゆば尽くしで、お腹いっぱいになって、満足満足!

茶房の店内は、とてもシック。 寒いこの時期は、膝掛けが用意されてました。

hanbei_0115_14.jpg

カウンター席もあるので、一人でも安心して食事ができます。

hanbei_0115_15.jpg

伺った日は松の内だったので、お玄関の座敷はお正月飾りのしつらえでした。
さすがに老舗、なんて立派なお飾りなんでしょうね。

hanbei_0115_1.jpg

古い京都の町家です。

hanbei_0115_2.jpghanbei_0115_3.jpg

井戸とおくどさんの上には、大黒さんが並べてお祀りしてありました。

hanbei_0115_4.jpghanbei_0115_5.jpg

これもまた、京都らしく美しい坪庭があります。

hanbei_0115_16.jpg

京都でしか味わえない「京麩と京ゆば」尽くしのお料理。
ぜひ一度味わってくださいね。

半兵衛麩
〒605-0903
京都市東山区問屋町通五条下ル上人町433(五条大橋東南側)
TEL(075)525-0008
茶房 営業時間 11:00~16:00

スポンサーサイト
  1. 2009/01/28(水) 00:54:49|
  2. 京都 東山方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南禅寺 順正 | ホーム | 伏見稲荷大社 千本鳥居>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/274-9ec6f285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。