京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 「京の冬の旅」文化財特別公開 伏見稲荷大社 お茶屋 2009年 1月 23日

この「お茶屋 」とは、茶室ではなく、気軽にお茶を楽しむお座敷、だとか。
その説明の通り、このお茶屋には茶室のように” 炉 ”は切られておらず、” にじり口 ”もありません。

inari_0123_1.jpg

このお茶屋は重要文化財。
寛永18年(1641)に後水尾院より、仙洞御所の古御殿(こごてん)の一部を賜った建物です。

付書院や違い棚はとても格調高い書院造り。
漆の菱形格子の欄間や釘隠しなどは数奇屋造り風で、御所の建物というだけあり巧みな技が施されていました。
書院造りが数奇屋造り化してゆく過程を示す貴重な建物だそうです。

inari_0123_2.jpg

庭内に佇む風雅な「松の下屋」は、なんと600坪もの広大な敷地です。

今回は棟方志功(むなかたしこう)筆の個性的な画風の襖絵を拝見することができました。
「御牡丹図(おんぼたんず)」
「御鷹図(おんたかず)」

また稲荷山を借景とした「松の下屋(まつのしたや)庭園」は、2棟の茶室や待合、そして多くの自然石や苔など、緑豊かな回遊式庭園です。

「お茶屋 」と「松の下屋」、伏見稲荷にこのような建物があることを知り、ちょっと驚きました。
” ミニュチュア版離宮 ”と言っても良いほど、立派な建物と、お庭でした。

inari_0123_3.jpg


 「京の冬の旅」文化財特別公開 平成21年1月10日(土)~3月18日(水)
詳細は、こちらからご覧ください。


スポンサーサイト
  1. 2009/01/27(火) 20:13:23|
  2. 京都 伏見・南区方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伏見稲荷大社 千本鳥居 | ホーム | 仙太郎 今年の干支 ・丑 の生菓子 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/272-581ee12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。