京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ristorante t.v.b (リストランテ ティ・ボリオ・ベーネ) 祇園の上質イタリアン

祇園町南側の花見小路を四条を少し下がり、東に入ったところです。
町家の飲食店が並ぶ、祇園情緒たっぷりな場所にあります。

tvb_1.jpg

店内はとてもセンスがよく、清潔感があり、お店の品格を感じます。

今回いただいたのは、3,500円のランチコースです。(2008年9月29日に行きました。)

甘いじゃがいもの冷製スープ。(左 )
戻り鰹の軽いスモーク、赤い鷹峯唐辛子に炭焼きと共に。(右 )

tvb_2.jpgtvb_3.jpg

仔牛と玉葱のトマトソースのパスタ。

tvb_4.jpg

お魚・里芋の温かいスープとそのフリット。
里芋の皮を”つるん ”と取っていただきます。

tvb_6.jpgtvb_5.jpg

お肉・京都産もち豚木ノ子のソース。

tvb_7.jpg

デザートは、2人なので2品運ばれてきて、「お二人で交換して食べてくださいね 」と。
う~ん、女性同士の私たちは、「わかってるね~! 」って感じでした。

tvb_9.jpg
tvb_8.jpg

どのお料理も満足度の高いお味でした。
最初は少し量が少なく感じましたが、お肉料理でかなりのボリューム。
そして、デザートをいただいて満腹感もかなりの満足!
うまくペース配分されているなと、二人で感心しました。

tvb_10.jpgtvb_11.jpg

サービスしてくださる方々も、笑顔がステキで好感がもてます。
京都の地元のお野菜や、お肉を使っておられて、京都の香りをちょっぴり味わえるイタリアンです。

tvb_12.jpg

Ristorante t.v.b (リストランテ ティ・ボリオ・ベーネ) 
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側570-155
TEL 075-525-7070

珍しい雨の日の「蛇の目傘に雨コート」姿の舞妓さんを発見・・・パチリっ

tvb_13.jpg


スポンサーサイト
  1. 2008/10/18(土) 01:17:42|
  2. 京都 祇園界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<京都秋の紅葉情報 東福寺 と 塔頭・雪舟ゆかりの 芬陀院  2008年10月19日 | ホーム | 京都国立博物館 2007年11月15日の秋の様子>>

コメント

Ristorante t.v.b (リストランテ ティ・ボリオ・ベーネ)
素敵なレストラン
嬉しいですね

シックな雰囲気が 料理の質の高さを思わせます

美味しそうなお料理嬉しいです
  1. 2008/10/18(土) 14:48:56 |
  2. URL |
  3. ryuji_s1 #.FTrCIao
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

ほんとに素敵なレストランでした。
今頃は秋のメニューになっているのでしょうね。
また行ってみたいなぁと、思っています(笑 )
  1. 2008/10/19(日) 22:52:37 |
  2. URL |
  3. ろじうさぎ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/177-4153902d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。