京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祇園 「OKU 」 花背・美山の素材を生かしたカフェ

京都・花背にある 「 摘草料理 美山荘 」さんが、
祇園にカフェをOPENされたと知りやってきました。

oku_6.jpg
「美山荘」さんは、雑誌などで拝見し、一度は泊まってみたいお宿です。
その名宿のお味が味わえるかと、ワクワク期待感たっぷり。

「美山荘のおばんざい」2300円・終日注文可能
おばんざいが4種盛られています。

「トマト田楽」甘いトマトに田楽味噌、新鮮なお味!

「ひろうすと茄子・三度豆煮」
ひろうすは、具材がたっぷりの手造りの美味しさ。

oku_13.jpg

「サーモン南蛮漬と新玉ねぎ旨煮」
玉ねぎの甘みにビックリ。そこには柚子胡椒が添えてあり、玉ねぎの甘みとの相性バツグン!

「季節の天ぷら」
とうもろこしは甘く、ミョウガの天ぷらも新鮮。

oku_14.jpg

ピカピカの美山荘のご飯には、お漬物とちりめん山椒が添えられています。

oku_12.jpg

蓋の中はお味噌汁。(この器がカワイクって♪、蓋をしたまま撮りました。)

お味噌汁の具材は、じゃがいも。
これがまた、いつも食べてるじゃがいもと味が違うので、聞いてみたところ。
「じゃがいもを薄く切ったあと、いりこ(煮干)だし汁に少し漬けておく」とのことでした。
このひと手間が、いつもの味ではなくなるポイントなんですね。


とにかく、お野菜などの素材の「旨味」に感激しました。
いつも食べている普通の素材が、ここまで美味しいごちそうになるなんて。
さすがは、美山荘のお味ですね!

店内は、白ベースに、ステキすぎる濃いヴィオレ色の椅子がマッチしています。

oku_4.jpg

ガラスの向こうには小さなお庭が・・・白い壁に緑が美しい。

oku_5.jpg

お店を入ったところがギャラリースペースになっています。

oku_10.jpg

カフェで使われているオリジナルの器が販売されています。

oku_11.jpg


おまけ。
「ガトー・ショコラ」

美味しそう~、と話していたら・・・「ご試食お持ちしましょうか?」と。
もちろん「いいんですか~? はい、お願いします!」

oku_3.jpg

チョコレート・卵・バター・砂糖のみで焼かれた濃厚な味わいの焼菓子。
おもたせ専用 800円だったかな?

今度買いにきます!


oku_8.jpg

OKU
京都市東山区祇園町南側570-119
電話 075-531-4776
営業時間 11:00~19:00 木曜休み

スポンサーサイト
  1. 2008/08/30(土) 17:19:02|
  2. 京都 祇園界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<祇園カフェ 「OKU 」 すごすぎるパフェ! 素材が生きてる | ホーム | 東福寺 通天橋と青紅葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/135-90439500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。