京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

素朴なお餅 おせき餅

城南宮を参拝したら、
"おせき餅を食べんとあかん"って言われて。


みなさんご存知の伊勢の赤福にも似ていますが、あんこは粒あん。

 京都・城南宮60 おせきもち7


白餅とよもぎ餅に、甘さ控えめの粒あんが程よいバランス。

お餅はしっかりとした弾力があり、「お餅」らしかった。
よもぎの香りも豊かでした。

せっかくなのでもう一品。 大きな大きな"おはぎ"
こちらのあんこは、こしあん。

 京都・城南宮62 おせきもち9 おはぎ


とっても柔らかい餅米は、昔懐かしい本来の「もち米」の味わい。

あんこはピッカピッカに飴色に光って、
ツルツルの表面がまたなんとも上品。
甘さ控えめのあんこが、お米の風味を引き立てている。

久しぶりに手作りの味がする"おはぎ"をよばれました。

 京都・城南宮59 おせきもち6  京都・城南宮61 おせきもち8 おはぎ

私はどちらかと言えば、"おはぎ"派!やな。

昔ながらの手法で作られているので、翌日には固くなる。
"お餅は固くなってこそほんまもん。これが、美味しい秘訣なんやろな"
最近は2日経っても3日経っても柔らかいお餅があるからね。

店内では、お抹茶と一緒にいただくことができる。 京都・城南宮58 おせきもち5 店内
お抹茶とおせきもち2個のセットで、780円也~。

 京都・城南宮56 おせきもち3 店内  京都・城南宮57 おせきもち4 店内


城南宮の西鳥居から国道1号線をはさんだ所に「おせき餅本舗」はあります。
ちょっと危険ですが、国道を横断しちゃいました。
国道を横断するときには、くれぐれも注意して渡らねば。

京都・城南宮53 鳥居
西鳥居の向かい側。
 京都・城南宮55 おせきもち2 大きな暖簾
大きな暖簾が目印(駐車場も完備!)

国道1号線は、いつもいつも車でビュンビュンを通り過ぎていて、
この「おせき餅本舗」にまったく気がついてなかったな。
ラーメン屋さんの看板ばっかり見てたかな

"おせき餅"の由来 江戸時代に「せき女」と云う名の娘さんがいて、
茶屋を設け鳥羽街道を行き交う旅人に編笠の形をした餅を
笠の裏に並べてもてなしていたそうな。

その心のこもったもてなしと、餅の美味さが大層評判になって、
いつしか誰ともなく「おせき餅」と名付けられたそうです。

幕末には新撰組の近藤勇さんなども立ち寄ったということ。

 京都・城南宮54 おせきもち1
おせき餅本舗 (おせきもちほんぽ)
電話:075-611-3078
休業:月曜・火曜
場所:京都南ICから国道1号線を南に下がった西側。

伏見区中島御所ノ内町16

スポンサーサイト
  1. 2007/04/14(土) 16:23:07|
  2. 京都・甘党( 和&洋 )
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<晴れやかなお花見日和・城南宮 | ホーム | ロマンチック~城南宮のお庭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://usagi205.blog100.fc2.com/tb.php/13-78feead5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。