京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都御苑 近衛邸跡のサクラ & 桃

いちごねーさんからサクラ開花のお知らせをいただき、
行ってきましたよ~。
gosyo_120401_1.jpg

今年はいつまでも寒くて、この愛らしいサクラちゃんに
会えるのを待ちに待ってました。
gosyo_120401_2.jpg

このサクラ色のグラデーションがたまらなく好きです。
gosyo_120401_3.jpg

愛らしいサクラをご覧くださいませ
gosyo_120401_4.jpg

gosyo_120401_5.jpg

gosyo_120401_6.jpg

糸桜
サクラ色の糸が垂れるように咲きます。

gosyo_120401_7.jpg

gosyo_120401_8.jpg

そしてこの京都御苑には『 桃林 』があります。

gosyo_120401_9.jpg

梅が咲き、サクラが咲くまでに、この 桃 が咲くんですよね。
三月の桃の節句に咲くお花。
旧暦からすると本来はこの季節のお花なんですね。

gosyo_120401_12.jpg

お花と緑色の葉が一緒に咲くのがカワイイなぁ、
と思うんです、私。

gosyo_120401_10.jpg

桃 もまだまだこれからが見頃。
サクラ と 桃、どちらも愛でることができる京都御苑。
これから華やかに賑わうになる京都市民の憩いの場です

gosyo_120401_11.jpg



スポンサーサイト
  1. 2012/04/02(月) 14:24:43|
  2. 京都 御所・下鴨・二条城方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ サクラが開花!

サクラの開花情報が、いちごねーさんから届きました(^_^)v



京都でも早咲きのサクラ。

京都御苑内にある お公家さん 近衛邸跡のサクラです。

いよいよサクラの季節、到来ですね。
待ってたよ~♪
  1. 2012/03/30(金) 14:08:12|
  2. 京都 御所・下鴨・二条城方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの生研会館

久しぶりに美味しい洋食が食べたくなって来ました。

ハンバーグ&エビフライ ランチプレート1400円也~(^_^)



エビフライがぷりぷりで美味しかったな。



デミソース、タルタルソース、ドレッシング。
どれも手作りの美味しさが人気の秘訣!・・・と、私は思う


  1. 2011/11/30(水) 13:14:04|
  2. 京都 御所・下鴨・二条城方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二条城で 秋の実り発見!

快晴のもと、立派な二条城が映えますね~!



二の丸庭園に至る道すがら、秋の実りを見つけてテンションアップ



そしておススメは、『 収蔵館 』です。

現在の城内の障壁画は複製がはいっていますが、修復を終えた障壁画をこの収蔵館でテーマごとに展示されています。
入城料とは別に100円かかりますが、城内を彩っていた狩野派によって描かれた数々の障壁画の本物を間近で拝見できるので、ぜひご覧くださいね!






現在二条城では『 お城まつり 』を開催中。
世界遺産のお城をじっくりとご堪能くださいね。

二条城のホームページはこちらをご覧ください。


  1. 2010/10/08(金) 20:45:28|
  2. 京都 御所・下鴨・二条城方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頼山陽( らいさんよう )ゆかりの山紫水明処( さんしすいめいところ )

江戸時代後期に活躍した儒学者・詩人・歴史家である頼山陽が書斎兼茶室として使っていた建物 『 山紫水明処 』

丸太町橋の北側、鴨川の西岸に面し葛屋葺( くずやぶき )屋根が見えるそこが山紫水明処
通りに面した入口への目印は、このように見落としそうな小さな石碑です。

sansisuimei_100925_1.jpg

細長い路地を進むと・・・駒札も掲げられていました。

sansisuimei_100925_2.jpg

お茶室のようなつくりで、そう広くない室内です。
それはもう快く明るい光が降り注ぎ、自然を感じる空間です。

sansisuimei_100925_3.jpg

頼山陽が6度目でやっと出会えた東山の眺望絶佳なこの地。
現在は対岸にビルなどが建ち景観の美しさもかなり・・・

sansisuimei_100925_4.jpg

『 山紫水明 』
~ 東山が陽に映えて紫色に色をかえ、鴨川の水は澄んで清らかに光り輝く ~

ここから見た風光明媚な京都を、頼山陽はこのような素敵な言葉で表現されたんですね。

sansisuimei_100925_7.jpg

文政5年(1822年)によりこちらで晩年を過ごし、『日本外史』などの執筆を行ったそうです。

sansisuimei_100925_6.jpg

一見なんの穴?と思ったのですが、これは地面から2メートルほど下に井筒が設けられた半地下式の井戸 「 降り井 」 なんです。

sansisuimei_100925_8.jpg

こちらには鴨川の伏流水が湧き出す「降り井」で、井筒まで降りて水を汲むことから、その名があると言われています。適当な深さに湧き水がないと造ることができないため、京都の伝統的な日本庭園でもほとんど用いられてこなかった大変珍しい意匠だそうです。

sansisuimei_100925_9.jpg

この『 山紫水明処 』は、事前申込すれば拝見することができます。

sansisuimei_100925_5.jpg


所在地 京都市上京区東三本木通丸太町上ル南町
TEL 075-561-0764( 頼山陽旧跡保存会 )

【 見学の申し込み方法 】
山紫水明処の見学を希望する場合は、往復はがきに、見学日時(第2希望まで)、人数、代表者の住所・氏名・電話番号を記入し、〒605-0063京都市東山区新門前松原町289、頼山陽旧跡保存会宛てに、拝観希望日の2週間前(必着)までに申し込んでください。見学の際には、頼山陽旧跡保存会の方による説明を聞くことができます。
 入場時間/10:00~16:00
 定休日/8月、12月後半~3月前半
 見学料/700円
              ※ホームページより転載

  1. 2010/09/26(日) 11:00:19|
  2. 京都 御所・下鴨・二条城方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。