京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長谷川等伯の複製画 ポルタで展示

京都駅前地下街ポルタで、長谷川等伯の複製画が展示されています。

ビニール製パネルに転写されていて、パネルの内側にはライトが照らされていますので、とっても華やかです。
等伯の繊細な筆遣いや鮮やかな色彩を浮かび上がっており美しいです。

こちらは智積院所蔵の「 楓図 」

DVC00001.jpg

そして、圓徳院所蔵の「 山水図 」

DVC00002.jpg

等伯の嫡男・久蔵作の「 桜図 」

DVC00003.jpg

公開は、1月10日まで( 無料 )

三連休、京都にお越しの際は、ぜひご覧くださいね


スポンサーサイト
  1. 2011/01/05(水) 20:55:44|
  2. 京都 News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒谷さんの鐘が 「 宙を舞う 」・・?? 2010年 2月13日の新聞記事

「 黒谷さん 」 の愛称で親しまれる金戒光明寺の鐘楼が1623 ( 元和9 )年の建立後、
初めて修復されます。

それに伴い、重さ約2トン鐘を取り外し空中を「散歩」した後、約40メートル離れた御影
( みえい )堂の横へ仮安置されたそうです。

kurodanikane_100215.jpg

【 直径1・3メートル、高さ2メートル近い鐘が宙を舞う姿は壮観で、少しユーモラスでもあり、参拝者はめったに見られない光景に目を丸くしていた。 】

                       ( 2010年 2月 14日の京都新聞の記事より )


  1. 2010/02/15(月) 19:00:31|
  2. 京都 News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高台寺に赤と黒の襖が完成!

高台寺の方丈に、赤と黒の斬新な襖が完成したそうです。

フランス在住の画家・深尾力三さん制作。
約30年間、赤と黒の世界を追求しておられる深尾さんが高台寺の襖にも自らの表現方法で挑まれて完成した襖絵がこれです!

koudaiji_091018.jpg

【 寺の和の空間で強烈な個性を放つ赤と黒の襖 】

                         2009年 10月 15日の京都新聞の記事より

なんて書いてあるのかなぁ?
しかし大胆ですね!
「 漆のように光る黒に強烈な赤色が浮かび上がる 」 とのこと。
油絵で描かれた大胆な構図を実際に見てみたい~。

秋の夜間拝観に合わせて10月 23日~12月 6日まで有料で公開されます。
※諸行事で見られない日もあるそうです。


  1. 2009/10/18(日) 15:00:27|
  2. 京都 News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花曼荼羅の天井画  阿弥陀寺 ~織田信長のお墓があります~

信長公ゆかりの 「 阿弥陀寺 」 に花曼荼羅の天井画が完成!

天井画は縦4メートル、横6メートル。
126枚の杉板に描き、大輪のハスの周囲を、アジサイやショウブ、ハイビスカスなどが彩る 「 花曼荼羅(まんだら)」となっている。同寺が織田信長ゆかりとされることから、織田家の家紋 「 織田木瓜(もっこう)」 も入れている。

                         2009年 10月 15日の京都新聞の記事より

amidaji_091016.jpg

5年がかりで完成した阿弥陀寺の天井画と日本画家上田幸子さん。
上田さんの亡夫眠る地に、寺の本堂を彩ろうと極楽浄土をイメージして鮮やかな花々が描かれたそうです。

一般公開は10月 19、20日、午前10時~午後3時 までです。
拝観料500円

  1. 2009/10/16(金) 00:39:35|
  2. 京都 News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東本願寺 お帰りなさい~親鸞上人

東本願寺の御影堂 ( ごえいどう ) の修復完了に伴って、宗祖親鸞の木像 「 御真影 (ごしんねい)」 を戻す還座式 ( げんざしき ) の様子です。
この御真影 ( 高さ90cm ) は鎌倉時代に親鸞自身が彫ったものと伝わり、東本願寺建立以来、御影堂に安置されてきた。

                         2009年 9月30日の京都新聞の記事より
sinranzou_091005_2.jpg

改修工事期間の5年10ヶ月ぶりにお帰りになったという訳です。
新聞の写真なのでわかりにくですが、鋭い目が印象的な親鸞上人の御真影です。


  1. 2009/10/06(火) 15:00:59|
  2. 京都 News
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。