京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田ごと で にしん蕎麦

八坂さんにご参拝したあとは、四条河原町交差点のすぐ側にある
「 四条御旅町・田ごと 」へ。

お蕎麦屋さんと言えば ざるそば。
でもこの寒い冬にはやっぱり『 にしんそば 』
120105_1.jpg

あっさりとした お出汁( おだし ) ですが、にしんの甘辛いお味が相まっていい感じの甘さになり私好み
お出汁 を最後まで飲んでしまいました!

大晦日はいちごねーさんに頂いた信州のお蕎麦に、祗園の松葉さんの にしん を乗せて年越し蕎麦をいただきましたが、「 にしん」ひとつにしてもそれぞれの美味しさがあるもんですね。
120105_2.jpg

この通路を通り抜けると入口があり、奥に長~くお店が広がっています。京都独特の【 うなぎの寝床 】とはこのことです。
120105_3.jpg


寒~い京都の冬には、
あったか~い お蕎麦 や おうどん が最高ですね。
120105_4.jpg

四条御旅町・田ごと の HP はこちらから。


スポンサーサイト
  1. 2012/01/06(金) 10:18:18|
  2. 京都 烏丸・河原町方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国北方料理・楽仙楼

ある日のランチ。
久しぶりにお勉強仲間が集まったので、温かいもん食べに行こうと、楽仙楼へ。

と言いながら、温かい麺を食べたのは一人だけ
黒酢ソバ、ピリ辛で後をひく個性的なお味。
単品で750円 チャーハンとのセットで840円


私はこちら、王道!酢豚定食 なんとこれだけで880円。
ビジネスマンが多いはずや!


定食についてる看板メニューの「 手作り水ぎょうざ 」
もちもちでジューシー♪


ハルピン出身のご家族が作る中国の家庭料理が味わえるお店。
なので店内では中国語が飛び交ってます
今度は看板メニューの水餃子をたらふく食べたいなぁ。

四条烏丸 大丸のすぐ近く 楽仙楼

  1. 2011/12/03(土) 16:51:11|
  2. 京都 烏丸・河原町方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土佐稲荷の龍馬像

坂本龍馬の遭難之地のすぐ近くにある、土佐稲荷・岬神社。
この神社は元々土佐藩邸の鎮守社として祀られていた社殿が 今も繁華街の一角に鎮座しています。



龍馬ゆかりの神社ということで、立派な龍馬像が!

この龍馬像、今年の始めごろまで気の毒な姿だったんですが、今はすっかり男前になってましたよ



『 龍馬伝 』の福山龍馬人気の勢いもあり、毎日多くの方が参拝に来られてるんでしょうね。

  1. 2010/09/21(火) 20:46:28|
  2. 京都 烏丸・河原町方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彩席ちもと 夏のお料理

四条大橋東詰、西石垣通りという露地を入ったところに、300年あまり続く老舗料亭「ちもと」があります。その向いに本格京料理をお一人でも気軽に楽しむことができるカウンター席が設けられた「彩席ちもと」があります。

chimoto_100909_12.jpg

訪れたのは、祇園祭の山鉾巡行の日。
暑いなか巡行を観覧席で見学してから、彩席ちもとさんに伺いました。

京料理で私がもっとも楽しみなのが八寸
この日は祇園祭にちなみ粽寿司が添えられ、ほおずきなど夏らしいですね。

chimoto_100909_1.jpg

お椀は、鰹だしがきいた風味のよりお吸いまし・・・サイコーです!
冬瓜に蓮根まんじゅう、そしてもずく。

chimoto_100909_2.jpg

お造りは、やはりです。
なんといっても祇園祭は鱧祭と言われるほどですからね~。
ワサビをつけて梅肉で召し上がれと・・・これがまた美味い!

chimoto_100909_3.jpg

そして、京都らしく汲み上げ湯葉です。
クリーミーで濃厚でした。

chimoto_100909_4.jpg

夏の焼き物といえば、やはり 鮎!、器も涼しげ。

chimoto_100909_5.jpg

もう一品の焼き物は玉子宝楽、見た目はまるでスフレ。

chimoto_100909_6.jpg

ふわふわの玉子にスプーンを入れると、中から柔らかな玉子がトローン♪
添えられた生姜と一緒にいただくと、より美味しかったです。

chimoto_100909_7.jpg

そして炊き合わせではなく夏だから冷鉢です。
丸茄子・小芋・ミニトマト・万願寺唐辛子は、みな色鮮やかで食欲をそそります。

chimoto_100909_8.jpg

揚げ物
は、車エビ・アスパラ・なんばなど、お塩でさっぱりと。

chimoto_100909_9.jpg

そしてごはんはなんと鰻茶漬・・・初めて食べました~。
程よい甘みに山椒がピリッと効いていて、とってもとっても美味しかったです。
おかわり~、って言いそうになりました

chimoto_100909_10.jpg

水物は、マンゴーゼリーといちじくのワイン煮
最後まで手を抜かず、手作りのデザートというのは女性にとってはかなりの高得点!

chimoto_100909_11.jpg

どのお品もすごく丁寧にお料理されていて、カウンター超しに見る板前さんの手さばきが気持ちよかったです。
今度は季節をかえて伺いたいと思いました!


彩席ちもと
京都市下京区西石垣四条下ル
TEL 075-351-1846
営業 11:30~15:00/17:00~21:30



  1. 2010/09/08(水) 18:05:18|
  2. 京都 烏丸・河原町方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

炭火串焼き 串くら 烏丸御池交差点近く

いや~、美味しい焼き鳥丼でしたよ!
この店構え、もちろん夜は ”お酒と焼き鳥 ”のお店なんでしょう。
お昼は、近くのサラリーマンさんで賑わうようですよ。

kushikura_100329_1.jpg


さあご覧あれ!、このボリューム!!
ささみ梅しそ・ せせり・つくね・ねぎみ です。

kushikura_100329_2.jpg

炭火焼の香ばしい香りがたまらなく、
鶏肉の素材がとっても美味しく、
秘伝の甘口タレも美味しく、
そして、お米が・・・これまた美味しい!

お味噌汁は、京都らしく白味噌です。
これで 980円とリーズナブルだと思います

kushikura_100329_3.jpg


通されたお席はこんな感じでしたが、個室もあるようです。

kushikura_100329_4.jpg

京都の町家らしく坪庭もあり、京都らしい風情があります。

kushikura_100329_5.jpg

築100年以上という立派な京町家です。

kushikura_100329_6.jpg


高倉通り御池上がってすぐ西側。

炭火串焼き 串くら
京都市中京区高倉通御池上ル柊町584番地
〒604-0826
TEL 075-213-2211
フリーダイアル 0120-13-8488

営業時間
昼 11:30~14:30(オーダーストップ14:00)
夜 17:00~22:30(オーダーストップ21:45)
定休日:なし

  1. 2010/03/27(土) 17:00:35|
  2. 京都 烏丸・河原町方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。