京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仙太郎 秋の味覚 2010年 9月 9日

とってもお久しぶりの仙太郎~!
「 秋の味覚 」お芋や栗がでてくると、見ただけてやられました

大好きな「かるかん」にお芋の黄色がキラっ♪
「かるかんお芋と小豆入 」正式名は忘れました

karukan_100910_2.jpg

九州特産の和菓子、山芋を原料に使ったもちっとした"かるかん"の中に、お芋と小豆がたっぷり入った少し甘めのお菓子です。

karukan_100910_1.jpg


そしてこちらは、ぼた餅(おはぎ )です。
お彼岸までまだ少しありますが、先取りです

ohagi_100909_1.jpg

仙太郎さんの『ぼた餅 』には餅米に青じそが混ざっていて、いい香りがして美味しいんですよ。

ohagi_100909_2.jpg

『 おはぎとぼた餅 』

秋は「 萩 」の花に見立てて「 おはぎ 」
春は「 牡丹 」の花に見立てて「 ぼた餅 」というそうです。

そして、秋のおはぎは、収穫されたての小豆を用いいるので、粒が残った状態の「つぶあん」。
春のぼた餅は、小豆が古くなって「ひねて」いるから、粒をつぶして「こしあん」。

ちなみに、仙太郎さんでは、春も秋も『 ぼた餅 』と言うそうです。


京菓子司 仙太郎
京都には寺町本店、高島屋、大丸、JR伊勢丹、山科店、新京極店があります。
京都以外の店舗は、仙太郎ホームページをご覧くださいね。


スポンサーサイト
  1. 2010/09/09(木) 22:33:58|
  2. 京菓子司 仙太郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の仙太郎~♪ 【 あいき 】さて、何かな? 2009年12月17日

見た目、なに~?って、感じですが。
これ、お餅に、小豆と、お芋さんが入ってて、そこにきな粉をかけていただきます。

aiki_2.jpg

その名も、【 あいき 】

aiki_1.jpg

あ・・・あずき

い・・・いも

き・・・きな粉

合わせて、あいき だって~!

11月初め~12月末までの、期間限定だそうです。

aiki_3.jpg

やわらかいお餅に、小豆とお芋さんの程よい甘さがたまりません。
たっぷりきな粉をかけて、さあ、どうぞ~


京菓子司 仙太郎

京都には寺町本店、高島屋、大丸、JR伊勢丹、山科店、新京極店があります。
京都以外の店舗は、仙太郎ホームページをご覧くださいね。

  1. 2009/12/17(木) 23:02:28|
  2. 京菓子司 仙太郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙太郎 秋だ~! お芋と栗のお菓子   2009年9月29日

やってきました!
この季節が

秋はお芋さんと、栗のお菓子がたくさん出てきます。
見るとつい・・・、食べたくなる。

これは、栗がいっぱいのった 「 栗むし 」
羊羹の食感とは違う、もちもち♪とした食感がイイ感じ。

imoyoukan_090928_1.jpg

そしてこちらは 「 芋からみ 」
羽二重餅のような柔らかい薄皮に、お芋さんがゴロゴロ♪

imokarami_090928_1.jpg

中には甘さ控え目のあんことお芋さん。

imokarami_090928_2.jpg

最後に 「 どら焼き 」

dorayaki_090928_1.jpg

シンプルなお味。
それでもやっぱり粒餡はピカッと光る大粒で、さすが仙太郎!

dorayaki_090928_2.jpg

今年の秋は、何度仙太郎さんに導かれるのでしょうか・・・

京菓子司 仙太郎

京都には寺町本店、高島屋、大丸、JR伊勢丹、山科店、新京極店があります。
京都以外の店舗は、仙太郎ホームページをご覧くださいね。


  1. 2009/09/29(火) 09:00:53|
  2. 京菓子司 仙太郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙太郎~涼菓  みくまりぶだう と 梅羹 ( うめかん ) 2009年6月25日

水無月は30日までガマンして・・・
今日は涼しそうなお菓子を二品。
どちらも高島屋仙太郎の限定品です!

「 みくまりぶだう 」 ~~ 本日の5時からのできたてメニュー
青竹にワインゼリーを流し込み、大きな葡萄が二粒入っています。

budouzeri_12.jpg


【 みくまり 】とは?
山から流れ出る水が分かれる所

budouzeri_11.jpg



そしてこちらは、 「 梅羹 ( うめかん )」

umezeri_11.jpg


細かくカットしたカリッとしたものと、小さいけど柔らかい一粒丸ごとと、
食感の異なる青梅を、寒天で固めたものです。

umezeri_12.jpg


寒天のさっぱりとしたお味と、甘さ控えめの青梅のお味がマッチした私好みのお菓子でした。

京菓子司 仙太郎

京都には寺町本店、高島屋、大丸、JR伊勢丹、山科店、新京極店があります。
京都以外の店舗は、仙太郎ホームページをご覧くださいね。


  1. 2009/06/26(金) 09:43:09|
  2. 京菓子司 仙太郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仙太郎 三豆大福 と 初夏のお菓子   2009年5月25日

ちょっと珍しい大福餅を発見
「 三豆大福(みつまめ)」
えんどう豆・赤豆・黒豆 の三種類のお豆さんが入っています。
お餅は柔らかく、三つのお豆さんが味わえて、中の粒餡もいつもながら美味しくて。
お豆さん好きには、100点満点の大福です!

mithumane_0525.jpg

こちらは、「 かのこ入り・茶の雫 」 初夏の涼菓です。
ぷるんとした濃いお茶風味の葛餅に、「かのこ=赤豆」が入っています。
ほどよい甘さのあっさりしたお菓子です。

shizuku_0525.jpg

そして、夏の定番 「 若鮎 」
仙太郎さんの若鮎は初めてです・・・ちょっとぷくっとしてますね
お餅はびよ~んと延びて、柔らかかったです。

ayu_0525.jpg

京菓子司 仙太郎

京都には寺町本店、高島屋、大丸、JR伊勢丹、山科店、新京極店があります。
京都以外の店舗は、仙太郎ホームページをご覧くださいね。


  1. 2009/05/26(火) 10:43:49|
  2. 京菓子司 仙太郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。