京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春秋山荘 蕎麦 高月 夏のお料理

山科駅から徒歩20分以上はかかるでしょうねぇ。
毘沙門堂の奥山にある「 春秋山荘 蕎麦 高月 」
( しゅんしゅうさんそう そば こうげつ )

kougethu_100914_13.jpg

蕎麦屋さんということなのでお蕎麦がメインと思いきや、蕎麦懐石と少々値もハリます。
でも運ばれてくるお料理をいただくうちに、納得!となりました。

kougethu_100914_1.jpg

涼しげな先附は煮こごりの下には、夏らしく鱧が隠れていました。
軽く炙ってあり香ばしくて美味しかったです。

kougethu_100914_2.jpg

向附は、昆布〆したヒラメに加茂なすとキュウリが重ね合わせてあったお造りがとっても美味しかったな。添えてある焼き椎茸の素朴な風味もイイ!

kougethu_100914_3.jpg

お蕎麦屋さんだからこれがメインになるのかしら?、こだわりの蕎麦は、季節柄”蓮蕎麦 ”でした。( 蓮の葉の上に食材がのってます )

kougethu_100914_4.jpg

「手打ちそば 京都・丹波産の粉を使い、『五・三直打ち』と「名」打って、独自のそばをお出ししております。」
・・・お店のホームページより。

お蕎麦はコシがありのど越しよし。
お出汁はかつお風味も豊かで、京都らしいお味でした。
白いのはおうどんではなくて、蓮根をすりつぶし細くしそれに片栗粉をまぶしたものなんですよ。

kougethu_100914_5.jpg

旬菜はこちら、お店を模した器でしょうか

kougethu_100914_6.jpg

フタをとると季節のお楽しみにがいっぱい

kougethu_100914_7.jpg

お味噌風味のお魚に添えられた枝豆も味噌漬けのようで、手が込んでいるなと思いました。

kougethu_100914_8.jpg

そして、ここでもう一品温麺がでてきましたよ。
今度は湯葉など具沢山のにゅうめんです・・・私はにゅうめん好きなんですよね~。

kougethu_100914_9.jpg

この焼きおにぎりが美味しかったです!
写真ではわかりにくいんですが、鯛飯をおにぎりにしてあり、焼き目と香りが食欲をそそります。

kougethu_100914_10.jpg

水物はさっぱりとした宇治金時です。

kougethu_100914_12.jpg

どれも本格的な京料理で、山科の山奥でこんなに美味しいお料理をいただけると思いませんでした。
その証拠に、ひっきりなしにお客様が来られてましたよ。

建物は明治3年に建てられた欅(ケヤキ)造りの重要な民俗資料建造物だとか。

kougethu_100914_14.jpg

椅子席あり、お座敷あり、囲炉裏ありと、うまく古民家を利用されています。

kougethu_100914_15.jpg

隠れが的な雰囲気も人気の秘訣なんでしょうね。
秋や冬に季節をかえて訪れたいお店です。

kougethu_100914_16.jpg


春秋山荘 蕎麦 高月
京都市山科区安朱稲荷山町6
※山科駅から車で5分 毘沙門堂の奥山
TEL 075-501-1989

定休日 毎週月曜日(第2、第4(月・火連休) (4月、11月)月曜日のみ



スポンサーサイト
  1. 2010/09/15(水) 10:00:39|
  2. 京都 山科・醍醐方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京の六地蔵めぐり 東海道 「 山科地蔵 」

正式には、臨済宗南禅寺派 柳谷山 徳林庵
地元では「旧三条通り」と呼ばれている東海道にお堂が面しています。

tokurinan_090829_6.jpg

毎年8月22日・23日と、地蔵盆の縁日が京阪電鉄京津線の山科駅前から隣の四宮駅までの1kmに、たくさんの露店が並びとっても賑やかになります。
子供のころはこの夜店に来るのが楽しみやったなぁ~

こちらのお地蔵さんはふっくらとした優しそうなお顔ですね。

tokurinan_090829_2.jpg

こちらの「お幡」は、青色です。

tokurinan_090829_7.jpgrokujizouohata.jpg

この徳林庵天文年間(1532~55)に仁明天皇の皇子・琵琶の名手であった人康(さねやす)親王の菩提を弔うために創建されました。
お堂の側には南北朝時代の宝筺印塔や「人康親王 蝉丸 供養塔」の石碑が建っています。

tokurinan_090829_1.jpg

そして、山門の奧には四宮の桜で造られた珍しい閻魔天(地蔵の化身と言われています)が祀られています。

tokurinan_090829_3.jpg

この像は若いころの閻魔さんで、お顔を拝見します。
そして・・・。
「恐い!怒ってはる」って思った人は、今悪いことをしているから今後の人生を改めるように。
「優しく微笑んではるわ」って思った人は、これから良いことあるよ。

tokurinan_090829_4.jpg

さあ、どっちに見えるかな。

tokurinan_090829_5.jpg

アクセス、最寄りの駅は京阪・四ノ宮駅で、徒歩で5分ほどかな。
京阪山科駅からだと、徒歩で10分ほどです。

徳林庵
京都市山科区四ノ宮泉水町16
TEL 075-583-0353


  1. 2009/09/02(水) 00:18:17|
  2. 京都 山科・醍醐方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京の六地蔵めぐり 奈良街道 「 伏見地蔵 」 と 「 大善寺鐘楼 」

正式には、浄土宗 法雲山浄妙院 大善寺
一般的には「六地蔵」と読ばれています。

六地蔵めぐりの六体のお地蔵さんを、小野篁が刻みこのお寺に安置したことから「六地蔵」と呼ばれるようになったそうです。

daizenji_090829_2.jpg

六地蔵尊発祥の地にあるこちらの地蔵菩薩立像は重要文化財に指定されており、「六地蔵めぐり根本霊場」と称しています。

左側の黒いお像は・・・そう、小野篁像です。
六道珍皇寺のお像とシルエットがそっくりです。

daizenji_090829_1.jpg

こちらの「お幡」は、こちらの白いお札。

daizenji_090829_4.jpgrokujizouohata.jpg

境内に祀ってあったこちらのお地蔵さんは、頭の上に綿帽子を被っておられます。
このお姿がお幡のモデルさんでしょうか。

daizenji_090829_3.jpg

こちらは 「 大善寺鐘楼 」
明正天皇の安産祈願の成就御礼として
徳川2代将軍秀忠の娘で
後水尾天皇の中宮・東福門院から寄進されたものです。

daizenji_090829_5.jpg

東福門院様からの寄進だったんですねぇ。
どうりで立派な鐘楼だと思いました。

daizenji_090829_6.jpg

お寺の前の道は国道で車の往来も激しく、よく車で通るのですが、ここが六地蔵とは知らなかった~

daizenji_090829_7.jpg

地下鉄の駅から歩くとちょっとありますが、六地蔵めぐりの中でのアクセスはまずまずの方でしょうか。

大善寺(だいぜんじ)
京都市伏見区桃山町西町24
TEL 075-611-4966


  1. 2009/09/01(火) 23:53:45|
  2. 京都 山科・醍醐方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆる音家 パスタと甘味   山科

久しぶりのゆる音家さんです。
( 前回のゆる音家さんはこちらをご覧ください。)

ランチセット 1,050円
(ランチパスタ、豆乳スープ、香の物、サラダ、ドリンク)

yuruneya_0430_1.jpg

チョイスしたのは、和風パスタ・・・明太子&まいたけ&生麩

定番的なお味ですが、「生麩」がポイント
白いぷにゅっとしたのが、生麩です。

yuruneya_0430_2.jpg

あっさり豆乳スープもゆる音家さんならではです。

yuruneya_0430_3.jpg

JR山科駅・京阪山科駅から徒歩7分ほど。
山科では息の永いお店になりましたね。

yuruneya_0430_4.jpg

ゆる音家
所在地 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町77-1
電話  075-502-5133
営業時間 11:30~21:00(LO)
定休日 無し

  1. 2009/04/30(木) 19:20:31|
  2. 京都 山科・醍醐方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甘味・手打ち蕎麦 「 しも村 」

醍醐寺の門前にある甘味・手打ち蕎麦 「 しも村 」

古い住宅をお店にした、といったこじんまりとしたお店です。
私の記憶では、もっと民芸風のお店と思っていたのですが・・・改装されて普通?のお店になっていました。

shimomura_0331_1.jpg

お店のことは良しとして・・・お蕎麦は、” ニハ ”の手打ち蕎麦です。

少し時間がかかりますが、湯でたてなので、
蕎麦の風味豊かで、すごくシコシコしていて美味しかったです。

shimomura_0331_2.jpg

一般的なお蕎麦らしく黒くないですが、これがまた自然の証?
” おだし ”は京都らしく鰹風味がしっかりしており、私が好きなお味でした。

shimomura_0331_3.jpg

よく見るとお蕎麦の太さが不揃いなんですが、これがいかにもお手製らしくてヨカッタです


京都府京都市伏見区醍醐西大路町89
TEL 075-573-4755
営業時間 11:00~16:00
定休日 火曜日

  1. 2009/04/01(水) 18:53:19|
  2. 京都 山科・醍醐方面
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ろじうさぎ

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。