京都・宮川町の町家 cafe ろじうさぎ 店主のブログ

大好きな京都を多くの人に好きになってほしくて cafe をオープンしました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長岡天満宮 雨でも美しい!霧島ツツジ 2009年 4月 25日

やはりこの ” 霧島ツツジ ” の回廊は、何度見ても素晴らしい~!

nagaokatenjin_0425_1.jpg

人の背丈よりこんなに高い。
樹齢100年以上の古木・霧島ツツジ( 市指定天然記念物 )ですが、この堂々とした咲きっぷり!

nagaokatenjin_0425_2.jpg

近くで見ると迫力でしょう~。
小さなお花が密集してますねぇ!

nagaokatenjin_0425_3.jpg

八条ケ池の回りには、ピンクのツツジが植えてあり、どこから見てもツツジが満開です。

nagaokatenjin_0425_4.jpg

手前に見えている太鼓橋の向こうには、加賀前田 候の寄進と言われている「石の太鼓橋」が今でも架かっています。

nagaokatenjin_0425_5.jpg

八条ケ池沿いに建っている小さな建物は、筍料理で有名な「錦水亭」さんです。

nagaokatenjin_0425_6.jpg

明日はお天気になると思います。
雨が降った翌日は、緑も潤っていて、お花も綺麗なので、ぜひお出かけくださいね。

nagaokatenjin_0425_7.jpg

昨年は快晴の日に訪れています。
その際の様子は、こちらからご覧ください


長岡天満宮

スポンサーサイト
  1. 2009/04/26(日) 01:03:36|
  2. 長岡京市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乙訓寺 真言宗の古刹 2008年 4月 27日

真言宗の古刹で寺伝によれば、聖徳太子の創建という。

写真は、すべて2008年 4月 25日の撮影です。
070426_otokuni1.jpg


応仁、文明の乱で荒廃したが、桂昌院に再興され、現在の本堂はこの頃のものとされています。

070426_otokuni5.jpg


【 歴史に残る二つの出来事 】

今から約1200年前、日本密教の原点をつくられた弘法大師空海と伝教大師最澄がこの寺で最初の出会いをされ、この出会いにより日本の仏教が大きく発展を遂げた。

そして、延暦10年(791)に早良親王が、藤原種継暗殺に関与したとして幽閉された。
これにより早良親王の死後「怨霊のたたり説」広がり、わずか10年足らずで長岡京から平安京に遷都されことになったそうです。

本尊は秘仏で、首から上のモデルは八幡大菩薩、下は空海という合体大師像。

070426_otokuni3.jpg



ここ乙訓寺は、京都の牡丹の名所としても知られています。

070426_otokuni6.jpg

070426_otokuni3.jpg


阪急長岡天神駅西口から約1km
ゆっくり歩いて 15分~20分で、ちょうどいい運動になりますよ。

乙訓寺



  1. 2008/04/27(日) 23:55:48|
  2. 長岡京市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長岡天満宮 霧島ツツジが満開です! 2008年 4月 27日

長岡天満宮境内にある八条ケ池が広がり、中堤の参道と池にかかる水上橋には、
推定樹齢百数十年の霧島ツツジ(市指定天然記念物)が、満開の時を迎えています。

写真は、すべて2008年 4月 25日の撮影です。

070426_nagaokatennjin1.jpg


070426_nagaokatennjin6.jpg


この満開の季節に訪れたのは初めてで、濃い紅色のツツジは圧巻!

070426_nagaokatennjin2.jpg


よく見かけるツツジといえば、せいぜい腰の辺りまでの高さ。
なのにここのツツジは、2メートルを超える高さ!
両脇にそびえるツツジの回廊~迫力です!

070426_nagaokatennjin4.jpg


新緑とツツジが爽やかで、とても美しい。

070426_nagaokatennjin5.jpg


ここ2、3日が見頃だと思います!

長岡天満宮



  1. 2008/04/27(日) 22:32:21|
  2. 長岡京市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:ろじうさぎ
生まれ育った京都が大好きです。

 歴史ある社寺仏閣には、中学生の頃から興味津々、おとなになってからは、京都の美味しいもんに夢現つ。
 その京都の路地に、京都好きの人が集うカフェをオープンしました。

 愛する京都の魅力を花街・宮川町から、少しでも多くの人に知っていただければと、日々お越しいただいたお客様に熱く語っています!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

お気に入り" らくたび文庫 "

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。